ドラゴン先生の乳児、幼児、小学生の英会話スクール選びQA (東京)  English Here 子供英会話スクール・携帯用サイトへ

子供英会話スクール・資料請求 子供英会話スクール・1dayチャレンジ お問合せ先・子供英会話スクールのキティクラブ
  子供英会話スクールのキティクラブホームへ   子供英会話スクール・フリーダイヤル


子供英会話スクール・幼児英語教室・プリスクール・Q&A

見逃しがち、でも重要なご質問にお答えしたいと思います。

■その他、コースに関する具体的なご質問は、資料請求フォーム、電話(0120-568-185 または
03-5701-0054)、FAX(03-5701-0409)、e-mail等でお問い合わせ下さい。可能な限り、ていねいにお答えさせていただきます。

 
  どのくらい話せるようになりますか? (子供英会話の目標について)

  英語が話せると言うと、ペラペラとかバイリンガルと言う言葉が浮かびます。でも、それらは使う人によってかなり差があります。英語の苦手な人から見ると、少し話せるだけでペラペラに聞こえたりします。

  大切なのは、子供英会話の目標をどこにおくかと言うことです。

  英語に少しなれてくれればいい、身の回りのこと、物を英語で言えるようになってほしい、子供らしい簡単な日常英会話ができるようになってほしい、外国人と会話することに慣れて欲しい、外国人の話す簡単な英語が分かるようになってほしい、自分の感じている事、考えを簡単な英語で伝える事ができるようになってほしい、外国人と簡単な議論や意見交換ができるようになってほしい、同年代の外国人と全く変わらないような英会話力を付けたい・・・

  キティクラブには、このような目的のお友達がたくさんいます。キティクラブのアドバンスクラスでは、「外国人と簡単な議論や意見交換ができるようになってほしい」という目標に応えるレッスンを行っています。もちろん、学習を始める年令や取り組み方によって成果は変わってきます。また、最後の「同年代の外国人と全く変わらないような英会話力を付けたい」と言う目標を達成するには、キティクラブのレギュラークラスだけの力では申し訳ありませんが無理です。全日制長時間のインターナショナルスクール(キティのプリスクールプレミアムとキッズインターナショナルコースの組み合わせは、アメリカンスクールなどに進学するのに十分な語学力を身につけることが出来ます)やご家族ぐるみの全面的なバックアップが必要です。

  では、子供英会話での読み書きについてはどうでしょうか。中学英語の読み書きや文法学習を小学校のうちに学習させておきたいというのが主な目的の場合は、学習塾や日本人講師のスクール、あるいは英検合格を前面に打ち出したスクールの方が適していると考えられます。キティクラブでも日本人講師の読み書きクラスが生徒を強力にサポートしていますが、主に、3年生以上の外国人教師クラスの生徒のためのものです。

  英検についても同じような事がいえます。キティクラブではJAPEC児童英検(4歳から)と文部科学省認定STEP英検(3年生から)で毎年よい成績を収めています。しかし、これらは外国人教師クラスでの英語理解を深めるためと、本人に自信をもってもらうのが目的です。ですから、英検の合格だけを目的とされる場合も、キティクラブは適していない場合があります。

  でも、お子さんの未来、英語の苦手意識を持たずに、胸を張って人生を切り開いていって欲しい。しっかりと英語の会話を学び、外国人にも慣れてほしい。そんな思いのお父さん、お母さんをキティクラブは全力で応援いたします。


 
  子供英会話スクールはどこがちがうの? (0歳、1歳、2歳児の場合)

  幼稚園前のお子さんの英会話スクール(プリスクール)にはどんな種類があるのでしょうか?

(1) お母さんと一緒? それとも別々?

  年令が小さいためにお母さんと一緒に始めるコースが一般的ではないでしょうか。幼児教室でも、一緒のクラスが多いと思います。しかし、キティクラブでは送り迎えの母子分離になっています。これは、お母さんと一緒のクラスでは、生きた言葉の発育が遅いからです。生きた言葉と言うのは、ただ覚えさせられる言葉ではなくて、自分の言いたいことや気持ちを伝えるための言葉と言う意味です。

  また、最初は一緒で、後から子供だけのクラスにするという方法もあります。しかし、その場合でも、全くスムーズに離れられるかと言えば、そうではありませんし、多くは幼稚園年令になってしまいます。そこで、キティクラブでは初めから母子分離を採用しています。現実に、多くの場合、初めは泣かれますが、平均して2か月くらい(週1回だと、なんと10回もレッスンしていないのに!)で慣れてしまいます。それは、母子分離をスピードアップする特別なプログラムと、それだけの体制を整えているからできることです。

  さらに、お母さんと別々のスクールでは、お預かり保育を中心としたところと、英語を中心としたところがあります。お預かり保育を中心としたところでは、部分的に英語が取り入れられており、特に内容が大雑把であることが多くなります。キティクラブのキッズインターナショナルコースは、しつけ、音楽、リズム、知育、クレヨン等の情操教育をすべて英語で行っているのが特長です。

  たしかに、かわいいお子さんと一緒に英会話に取り組みたいというお母さんが多いのも事実だと思います。ただ、3歳までの貴重な時期は限られています。お母さんとのスキンシップ、絆(きずな)はとても大切です。でも、わずかな時間、お子さんのために、離れて英語に触れさせてあげる事も考えてみてはいかがでしょうか?



 
(2) 目的はなにか? (0歳、1歳、2歳児の場合)

  3歳児までのプリスクール(プレスクール)を目的別に見ますと、インターナショナルスクールアメリカンスクール(幼稚園・小学校)に入学させるための予備校の場合もあります。また、普通の幼稚園、小学校に進学するお子さんを前提にして、小学校卒業までをみすえたカリキュラムを持ったスクールがあります。

  実は、その他に中途半端なスクールも存在します。それは、小学生向けのプログラム程度しか持たないのに、幼児や幼稚園前の生徒も受け入れているスクールです。全くカリキュラムを持っていない事さえあります。典型的なのは、ただ外国人がいて遊んでいるというようなスタイルになります。

  現実のキティクラブでは、将来にわたってインターナショナルスクール高校以上を卒業させるビジョンをお持ちの方や、インターナショナルスクール(幼稚園・小学校)に入学させることを目的とした方や、入学後も英語力の補習を目的に来られる方もおられます。しかし、私たちはそのような内容の濃いプログラムでありながら、基本的には普通(日本)の幼稚園、小学校に進学するお子さんを前提にして、小学校卒業までをみすえたカリキュラムで運営しています。

  また、幼稚園受験や小学校受験を中心とした能力開発、幼児教室でも一部英語を取り入れているところがあるようですが、よく見ると、たいていは文字(だけ)中心の指導のようです。



  幼稚園児、小学生以上を対象とした英語教育、スクールについての「スクール選びQA」は、こちらにあります。 (キティクラブ総合サイトのQAを別窓で開きます)

  ここまでお読みいただいてありがとうございます。お読みいただいた皆様の子供英会話スクール選びや、お子さんとの英会話への取り組みに少しでもお役に立てたれば幸いです。 これから子供英会話スクールをご検討されておられるか、現在の子供英会話スクールにご満足されてない時は、ぜひキティクラブの体験学習もなさってみて下さい。

  もちろん、子供英会話スクール選びにも個別のご希望があるでしょう。 また、どのような目的をお持ちかにかかわらず、相性の問題も予想以上に大きいものです。 ですから、私たちキティスクールは、どなたにでも同じように入学をお勧めすることはありません。 どうぞ安心してお問合せ下さい。

  機会があれば、下記のテーマについても書いてみたいと思います。

■やはり、プライベートのほうが上達するかしら?
 (キティではプライベートレッスンのご相談も承っています)




事務局:キティクラブ内

 
ドラゴン先生の乳児から小学生までの英会話スクール選びQA